ネットビジネスで稼げないときに「固定観念」を疑ってみる。

以前、ある本を読んでいて出てきた話なのですが、

「ハッと気づかされた体験」

が個人的にありましたので、
今回はそれをちょっと紹介させて頂きます。

バスタオルの必要性


突然ですが、バスタオルって使っていますよね?


バスタオルとは風呂から出た際の、
体を拭くタオルのことです。


しかし、バスタオルって本当に必要なのでしょうか?


多分、そもそもそんな点に関して、
疑問を持ったことすら無いのが普通だと思います。


こうやって常識のことに対して質問されると、
僕が何を言いたいのか意味はわからないと思うのですが、

「バスタオルは無くても生活できる」

というのが、本に書かれていた主張だったんですね。


要するに、風呂からあがった後でも、
フェイスタオルで体を拭けば十分だということです。


僕はこの話を聞いた時、
なぜかすごく「納得した」と言いますか、
すごく「盲点だった」と感じたんですよねw


この感覚は、もしかしたら全員にあるわけではなく、
共感してくれる人は共感してくれる感覚なのかもしれません。


僕が感じた感覚というのは、
バスタオルというものが生活の中で
当然に必要だと思っていたものが、
実は無くても生活できるという事実に対して、
何も疑いを持たず、また気付かずに生きてきたことが、
ある意味で衝撃だったわけです。


まさに自分のの固定観念を
一気に覆された気分になったんですね。


実際、僕はその日のうちにすぐ試してみたんですけど、
実際フェイスタオルで十分なんですよw


最初は物足りないかなーとも思ったのですが、
最悪、フェイスタオルを二枚使えば十分過ぎでした。


僕も家にモノがあるのが好きではない性格なので、
あまり家には何もないタイプの人間なんですが、
(僕の部屋には、パソコンと椅子と机と本棚くらいしかありません。)
今回、バスタオルは不要という概念に出会って以来、
バスタオルを全て家から捨ててしまおうかと本気で考えましたw



実際、無くても全く生活に支障が無いどころか、
全く不便でも無いということがわかったわけですからw


数日後には、本当に我が家からは、
バスタオルが全て無くなっているかもしれませんw


バスタオルは必要不可欠だと思っていたけれど、
実は無くても日常生活に全く支障はなかった。


この事実というのは、
このように「言ってしまえば当然のこと」ですが、
案外疑うことも無かった「固定観念」だと僕は思うのです。


ビジネスにおいても「固定観念」が
すごく邪魔をしてしまって、
それが原因で稼げないということも
よくあることなのでは無いかと思うのです。


言い換えれば、ある種の「メンタルブロック」ですよね。


今、ビジネスに取り組みながらも、
何か悪い意味で「固定観念」に囚われていないかどうか、
それを少し考えてみても良いかと思うのです。


当然、自分で気づけないからこそ、
それを「固定観念」とも言えるのですが、
たまには少し自分の常識を疑ってみることも、
自分のビジネスの飛躍に繋がるかもしれませんよ。

ゼロから始める自動化ビジネスの作り方講座

初心者大歓迎、「自動化ビジネスの作り方」の無料講座を開講中。


スキル・人脈・知識・金・時間も一切無かった島田隼人が、
どうやってビジネスを作り出せるようになったのか。


ここまで辿って来た僕の具体的な実践過程と思考過程について、
ひとつひとつ解説しながらお伝えしていく講座です。

>ゼロから始める自動化ビジネスの作り方講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ